ためさんの投資ブログ

低収入の30代前半非正規が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。

日本航空(9201)を保有した理由

Sponsored Link

 

 

皆様ごきげんよう、ためさん(@sstamezo)です。

 

今回は日本航空を保有した理由について書きます。

 

 

 

日本航空を保有した理由

 

日本航空を保有した理由

 

コロナショックで下げていたから

 

チャートを確認してもらえると分かります。コロナウイルスによる影響で急落しました。国内外への移動者は減ったし、これからの事を考えれば当然です。

 

当初はコロナウイルスによる調整は一時的になると踏んでいたのですが、最近は長引きそうな気がして来ています…。

 

そういう意味ではタイミングとしては早すぎた気がしますが、それは今にならないと分からない事だったので仕方ないと思います。

 

優待、配当、割安性

 

PERやPBRを見ても決して過熱している訳ではありません。むしろミックス係数は約10倍という水準です。

そして配当利回りもそこそこ高く、優待もあります。

 

優待は航空券の50%割引券を年2回貰えると言うものです。(100株の場合)

 

航空券はもともと高いものなので、お得感があります。

 

しかし、もし前々からこのブログを見てくださっている方がもしお読みになっていたら、「あれ?お前いつも貯蓄・節約とか言っておいて、飛行機で旅行するつもりかよ!航空券は半額になっても半分は自己負担だし、何より旅行に行ったら飛行機代以外にも出費するだろ!」

 

と突っ込まれるかも知れません。

 

ご心配なく!ハナから使う気はあまりないので。

 

優待買取を行っているお店で売却する予定です。

 

JALの優待券の買取価格の相場を調べたところ、売る時期にもよるみたいでだいたい1枚あたり3000〜4000円の間で取引されているようです。

 

無難に見積もって3000円で売却できるとして、年2枚なのでそれだけで6000円のインカムゲインになります。

 

加えて日本航空の年間配当額は現時点で100株で11000円なので、優待(買取)+配当の総合利回りは、現時点で約5.4%です。

 

30万円の投資で、毎年2万円弱のキャッシュフローを生み出すと考えれば、悪くない投資です。

 

もちろん、何らかの理由で飛行機を使う必要が出来たときは優待券を使えば良いのです。

 

また、今は優待を売却して資金源にする予定ですが、将来ある程度資産を築く事ができたら、優待を使って旅行に行くぞ!と言う目標的な楽しみを作ることもできます。そういった色々な観点から、長期保有しておいて損はない銘柄だと思います。

 

ちなみに、ライバル会社でANAがいます。今回ANAではなくJALを選んだ理由は、優待+配当の総合利回りが日本航空の方が高かったという理由が大きいです。

 

もし私に資金がもっとあれば、両方保有していたかも知れません。

 

リスク

 

オリンピックが近いので業績がよくなるのではと考えたいところです。しかしオリンピックは一時的なものなので、あまり期待しない方が良いと思います。

株価が反応して上がっても一時的なものになるでしょう。

 

それよりも、今後もインバウンドが増え続けるのかとか、要するに継続的な飛行機の利用者が増えるのかの方が大事です。

 

こればかりは未来の話なので予測は出来ません。

 

また今回のような疫病が流行ったり、いっとき連続したヨーロッパを中心としたテロなど世界的な情勢の悪化などでも利用者は減るだろうと思います。

 

するとリスクは度々起こる事が予測されます。その度に株価は下がるでしょうが、そこはそのうち戻るだろうと思うしかないと思います。

 

 

また、最近のボーイング然り、機材の問題によるトラブルや事故が起こるというリスクもあります。

 

また、日本航空だけのリスクでいえば、やはり10年前に経営破綻していると言うことです。

 

それから再建されて現状は問題ないようですが、再度そのような事態に追い込まれるという可能性はゼロではないのかも知れません。

 

結論としては、疫病や国際情勢の悪化などにより利用者減が起きても回復するだろうということで基本的にはホールド予定で、そうではない経営面などで取り返しのつかなさそうなものが見えてきたら売却するかも、という感じです。

 

今上げたリスクが現実にならず、末永く恩恵を受ける事ができればと思います…。

 

 

 

www.shisantamezo.com