低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

うねり取りのメリット・デメリット

Sponsored Link

 

うねり取りについて

 

今まで行なってきた株式取引の手法は、株価の低めのバリュー株やグロース株、ボロ株や低位株などメインで値幅を取る作戦でした。

 

 

よくよく考えると、日経平均が上昇トレンドに入っている今は、黙って優良株に投資していた方が良かったかも知れません。

 

 

 

最近他の取引の手法を色々調べています。

 

 

専業ではないので、ザラ場も見ていないといけないような短期トレードではなく、中長期のトレードをしたいです。 

 

そこで、見つけたのが「うねり取り」という手法です。

 

うねり取りの説明はここでは省略させていただきます。メリット、デメリットだけまとめてみました。

 

 この手法のメリット

 

・ファンダメンタル、業績を気にしなくて良い

・銘柄をロックオンするので色々な銘柄を常に調べる必要もない

・日経平均の上昇、下降、もみ合いのトレンド関係なくできる

・ある程度マスターできれば、私の目標の10年で一億円が夢ではないリターンが期待できる。

 

等があります。

 

 

 

 f:id:sisanunyoutamezo:20180507120904j:plain

デメリット

・すぐに誰もできる訳ではない。実践で練習し、感覚を養う必要がある。

・その結果、上手く出来るようになるかはわからない。センスが必要。

・空売り等も行うので、リスクもある。

・ある程度の資金力がないとできない。

 

等があります。

 

 

 

今証券口座には現金で45万円くらいしかないので、出来高の多い銘柄の中でもできれば5万円くらいで100株購入できるものを探したいと思います。

 

いきなり多めに操作するのはハイリスクなので、まずは100株ずつで練習して徐々に感覚を養っていきたいと思います。

 

 

www.shisantamezo.com