低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

初心者は集中投資か分散投資か(重要)

Sponsored Link

 

 

集中投資と分散投資

 

 

株式投資の初心者は、集中投資と分散投資、どちらが良いのでしょうか?

 

 

一般的に5銘柄以内に絞って投資するのが集中投資それ以上の数の銘柄に投資して分散するのが分散投資と言われています。

 

 

私の様な資金が200万円にも満たない様な資産の者は、とりあえず集中投資して一気に資金が増やすようにした方がいいと意見を聞きます。

 

 

 

なので、最初の頃はなるべく銘柄が多くなり過ぎない様にしていました。しかし、最近は少し変わってきています。

 

 

いろいろな投資パターン 

 

 株式投資といっても、いろいろな投資パターンがあります。

 

 

投資方法 

  • 投資というよりマネーゲーム、投機的な短期取引(テクニカル重視)
  •  ウォーレン・バフェットの様な王道とも言える長期投資(ファンダメンタル重視)

 

対象の株

  • 優良株
  • 成長株
  • 割安株
  • 材料株
  • 仕手株
  • IPO株
  • 低位株
  • ボロ株
  • 高配当・優待株

 

 

それぞれの投資家によって得意不得意があると思います。

 

 

私はどれも興味があり、どういった株式投資手法が得意なのか、正直まだわかりません。

 

 

 

なので、いきなり1つの銘柄に集中的に投資せず、いろいろなジャンルの投資手法から選んだ銘柄に少しずつ投資を行っています。

 

 

そして、少しずつ自分の得意分野を見つけ、その方向にシフトしていき最終的に集中投資にしていければ理想です。

 

 

 失敗して覚えることもあるができるだけ失敗したくはない

 

株式投資は実際に売買しないとスキルが身につかないと言われますし、実際にそうだと思います。

 

 

 

その場合、万が一集中投資で利上げを上げていければ良いですが逆に失敗して退場となった場合、今の私の状況ではまた150万円ほど貯めるのに、頑張っても1年半くらいはかかります。

 

 

その間株式投資のスキル・経験や今の上昇相場の恩恵を得ることができないのは色々な意味でものすごく損失になってしまいます。

 

 

 

なので、そういった最悪のパターンを想定すると、ローリスクに分散して色々な経験を積み重ねたほうが後々為になるはずです。   

 

 

この考えは私のビビリというか臆病な性格も関係していると思います。

 

 

しかし、株式投資の世界では臆病な性格の方が長生きするとも言われているので、そのスタンスでもいいと思っています。

 

 

追記2018年7月

この記事を書いてから半年ほど経ちました。現状ではウォーレンバフェットのような王道の長期投資で行く事にしました。

優良株や成長株、高配当株などに焦点を絞ってなるべく集中投資にシフトしていきます。