低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

S&P500に心揺らぐ

Sponsored Link

 

S&P500とは

 

最近ウォーレン・バフェットに関連する本を読み、気になっている事があります。

 

 

それはバフェット氏が「投資の初心者が手を出すとしたら、S&P500に連動したETFにしなさい」と述べていることです。

 

氏は奥さんにS&P500のETFを財産として残すと言及しています。

 

 

S&P500とは、簡単にいうと米国の上場企業主要500社の事です。

 

 

日本でいうと日経225(日経が選んだ225銘柄)等がありますが、そんな感じです。

 

 

簡単に言うと米国トップ500社にまとめて投資できる商品と言う事になります。

 

 

S&P500に連動したETFを買うには、まずドルに換金したりと色々手順を踏まなければなりませんが、ネット証券が普及した現在、日本国内にいても投資する垣根は限りなく低くなりました。 

 

 

S&P500の過去30年に渡る年平均の利回りは約10%です。

 

バフェット氏の株式投資の運用成績は20%な訳ですが、10%でもすごいリターンです。しかもただS&P500のETFに投資しただけで、と言うことになります。

 

 

 

 

f:id:sisanunyoutamezo:20181004003946j:plain

 

複利を計算してみた

f:id:sisanunyoutamezo:20181004002813p:plain

 

※参照サイト先『S&P 500 (配当込み) (円) インデックス』 |株価指数

 

 

100万円30年間10%の利回りで投資していくと、30年後には1745万円になるそうです。

 

もちろん、それに毎月3万円ずつ積み立てたりしたら、3万円×12ヶ月×30年がプラスされるのでもっとすごいことになるでしょう。

 

恐るべし毎年利回り10%の力です。。。

 

 

ウォーレン・バフェット氏は20%という、その倍の利回りで資産を毎年増やしているのだから、神様と言われる訳ですね。

 

 

 

もし本当に将来に渡って10%ずつ成長していくのだったら、もうS&P500に投資して良いのでは?

 

と言う心の声が聞こえてきます。。

 

 

 

 

その場合10年で1億円と言う目標は残念ながら達成できなくなりますが、その代わりリスクをかなり減らしてまずまずのリターンを期待できます。

 

 

個別株投資でも、仮に1年だけ10%だとしたら、運が良ければ達成できるかも知れません。しかし、毎年平均して10%となると、それはすごい事になります。

 

もちろん、この年利10%から、税金が20%程度引かれます。しかし、それは個別に投資していても同じです。 

 

 

S&Pのリスク

 

また、あくまでも平均が10%ということで、年によってはマイナスになることももちろんあります。今まで一番長いマイナスの期間は、10年程度になります。

 

f:id:sisanunyoutamezo:20181002212729p:plain

 

最悪の場合、S&P500に投資して、10年間位は含み損に耐え続けなければならないかも知れません。

 

上記のグラフでいうと、1975年頃〜1985年頃、2000年頃〜2010年頃などになります。

 

しかし逆に言うと、過去のデータを振り返る限りでは、最長でも15年程度我慢できれば、プラスになるとも言えます。

 

時間さえかけることができれば、これだけ保証された投資先はなかなかありません。

 

  

銘柄を選んだりする楽しみはなくなってしまいますが、日本株にお別れして、米国に資金を移してしおまうか。。

 

 

心が揺らぐ冬の休日でした笑 

 

 

 

最後に、こんな記事もあります。

www.shisantamezo.com