低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

SGホールディングス買っておけばよかった

Sponsored Link

 

 

SGホールディングスに魅力を感じた

 

最近の乱高下の激しい相場において、この銘柄は非常に安定した動きを見せています。

 

 

私の勝手な推測ですが、機関投資家が買っていってるのかなと思います。

 

 

昨年上場した企業の中では最大規模と言われ、運送業界内ではクロネコヤマトのヤマトホールディングスに次ぐ第二位の企業です。

 

佐川急便です。

 

よくよく考えれば、こんな銘柄を機関がほっておく筈はなかったかなと思います。

 

 

 

業界1位のヤマトと比較

 

 

しかも今現在の株価はヤマトホールディングスに比べて割安です。(自分調べ)

 

 

予想PERで計算すると、ヤマトが31%で、SGが19%です。

 

 

しかも、ヤマトの方がSGよりも1.5倍程売上が多いにもかかわらず、1株利益はSGホールディングスの方が多いです。

 

 

その結果配当金も配当利回りもヤマトより高く、これらは投資家にとって高判断材料のはずです。

 

 

 

ヤマトの方が配送料高い気がするんですけど、本当にAmazonとかにこき使われている結果なのかも知れません。

 

そういう意味では、Amazonは配送料の値上げに踏み切ったようなので、ヤマトの1株利益も少しは改善されるのかも知れません。

 

でも先に雇用者の賃金から上げるはずなので、そんなに変わらないのでしょうか。

 

とりあえず自分はヤマトに比べれば業界2位でもSGの方に投資妙味を感じます。

 

 

 

SGは出遅れ株か

 

 

 

話をSGホールディングスに戻します。

 

 

なんとなくSGは上場した後すぐ2月初めからの相場調整に入り、株価を上げるタイミングを逃していたのではないでしょうか。

 

最近いい加減米国に振り回される相場にも付き合いきれず、無視して上げだした感じがあります。

 

ニトリが筆頭株主になっている、昨年上場したカチタスも同じ感じがします。

 

 

 

じゃあ今からでも買えよという話で、買付け余力を保持していたいといういつも言い訳です。。

 

 

もしもうちょっと下げたら、買おうかな。。

 

 

 

そういって実際に下がっても結局買わず、上がっていって後悔する事もあります。

 

焦らず行きたいと思います。

 

 

株式投資に見逃し三振はない。BYウォーレン・バフェット

 

 

 

www.shisantamezo.com