低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

保有株で含み損を抱えているときに心を癒やす方法

Sponsored Link

 

 

 

含み損を抱えているときに心を癒やす方法

 

 

全国の保有株の含み損・塩漬けで悩んでいるそこのアナタ。塩漬けのプロ(自称)である私が、心を癒やす方法を紹介します。

 

 

YouTubeで動物の動画を見て癒やされる

 

いきなりですがこれは鉄板の方法です。youtubeで自分の好きな動物をひたすら見て現実逃避です。

 

私の好きなジャンルは犬や猫が体を洗われる動画です。犬も猫もお風呂が嫌なのを飼い主に訴えながらも、大人しく洗われるやり取りが微笑ましく癒やされます。

 

中にはお風呂が好きな玄人の犬や猫の動画もあります。タオルを頭に乗せ入浴しながら眠りそうになる猫を見ていると、自分の保有株が含み損だろうが塩漬けだろうがそんなことはどうでも良くなります。

 

別に動物の動画でなくても、スポーツ、釣り、90年代のヒットソング、お笑い芸人のネタ動画など、人によってストレスを和らげるジャンルの動画があるはずです。

 

 

帰りの電車で一つ違う駅で降りる

 

帰り道にどうしてもやるせない気持ちになったら、やるせないついでに最寄り駅から一つ離れた駅で降りましょう。

 

いつもと違う道、景色のなかを歩くと思わぬ発見があったりして少しリフレッシュできます。イヤホンで好きな曲を聴きながら帰るのも良いです。

 

家に着いたときには、明日も頑張ろうという気分になっていること間違いなしです。

 

 

ビタミンを取る

 

落ち込んだりしたとき、「心のビタミンが必要」という言葉がありますが、まずは心のビタミンより物理的に体のビタミンが必要です。

 

私が一人暮らしを始めた頃、無性に体がだるく何もしたくないネガティブ状態に陥ることがたまにありました。

 

ようやく原因を突き止め、食べ物はたくさん食べていても野菜や果物、特にビタミン類が含まれているような食材を長時間摂取していないときダルさに陥ることが判明しました。

 

なのでもし気分が優れず、偏った食生活でビタミン不足に心当たりのある方は野菜や果物の摂取を心がけた方が良いと思います。

 

私はその日のうちに野菜や果物をあまり食べることができなかった日は、せめて野菜ジュースか果物ジュース(必ず100%のもの)を飲むようにしています。果物ジュースの場合はミックスフルーツジュースが望ましいです。

 

もちろん100%と言えども、ジュースで野菜や果物そのものの栄養を完璧に摂れるわけではありません。しかし、飲まなければ何も摂れません。

 

 

ビタミンを補い始めて、変なダルさや無気力さに陥ることがほとんど無くなりました。含み損なんて笑い飛ばせます。(笑い飛ばして済まして良いのか)

 

含み損があっても、しょーもないブログを作り、しょーもない記事を作るくらいの余裕は生まれます(笑)

 

 

途中から栄養士の話みたいになってしまい恐縮です。

 

 

 

 

 

まとめ

 

要するに、一つ離れた駅で降りて家に帰り、You Tubeで動物を見ながらジュースを飲めば癒やされます。

 

 

 

 

 

 

現在のポートフォリオ

 


f:id:sisanunyoutamezo:20180511202235j:image
f:id:sisanunyoutamezo:20180511202250j:image

 

最後にこちらが現在のポートフォリオです。

 

 金曜日ということで売りが優勢し、久しぶりにポートフォリオ全体で調整した日となりました。

 

しかしどの銘柄も穏やかな下落だったので助かりました。ある1銘柄を除いては…

 

 

 

やっぱり楽天!ちょっと上げてもすぐ暴落

 

 

 その1銘柄とは、やはり楽天のことです。この銘柄は悪い意味で期待を裏切りません。数カ月に渡って下げ止まらない銘柄、しかも日経225採用銘柄なのにそんな面影もありません。

 

なぜ私は楽天を保有してしまったのでしょうか。昨年末から目をつけ、一度失敗して損切りし、また2月のはじめ頃から保有しました。

 

それ以来一向に下げ止まりません。ちょっと上げて暴落、ちょっと上げて暴落を繰り返しています。

 

なんというか、楽天が急騰して含み益になる日が来るイメージがまったく湧きません。楽天のことを「絶望のR」と呼んでも良いでしょうか?

 

適当に保有することにしてしまった自分の責任です。