低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

クラウドバンクが「アメリカドルによる募集・運用ファンド」を近日中に開始することについて

Sponsored Link

 ソーシャルレンディングを利用している方はもうご存知の方が多いと思います。

 

この度クラウドバンク が新たなサービスを近日中に開始するそうです。

 

「アメリカドルによる募集・運用ファンド」「円⇔米ドルの両替サービス」です。

 

 

「アメリカドルによる募集・運用ファンド」について

 

米ドルで運用する案件の場合、まずは投資家から日本円で募集し、クラウドバンクが集めた資金を米ドルに両替してファンドに提供します。

 

運用期間が終わったら、ファンドから米ドルでそのままリターンされたものをクラウドバンクが再び日本円に両替して投資家に償還します。

 

 

この場合レートが悪くなっていたとしても、期限が決まっているのですぐに両替しなければなりません。

  

償還時に両替するとき円安になっていたら、利回りが相殺されてしまいます。

 

投資家に償還するときの利益がほとんどなくなってしまったり、場合によっては逆にマイナスになってしまう事も十分あり得ます。

 

それでは投資家も納得できません。

 

 

だったら投資家に両替するタイミングを任せてしまい、直接米ドルでも募集しようという狙いです。

 

クラウドバンクにとっても、投資家にとっても都合の良いサービスではないかと思います。

 

 

 

「円⇔米ドルの両替サービス」について

 「円⇔米ドルの両替サービス」においては、店頭外国為替証拠金取引業者であるセントラル短資FX株式会社のサービスを利用し、両替時のコスト負担を抑えた低スプレッド(通貨の売値と買値の差)の両替価格の提供を予定しております。

 

クラウドバンクHPより

 

クラウドバンクの口座内で両替ができるそうです。

 

せっかく米ドルで投資できるようになったのに、両替手数料が高くて使い物にならない、というパターンなどは避けて欲しい所ですね。

 

 

新たに望むサービス

 

今回のサービスの発表を受け、ここを改良してほしいという所が一点ありました。

 

※1 現時点では、当社のクラウドファンディング口座への入金は日本円のみ受け付けており、当該クラウドファンディング口座からの出金も日本円のみとなるため、米ドル建の預り金をお客様名義の銀行口座等に出金する場合には、クラウドファンディング口座内で米ドルを日本円に両替する必要があります。

 

クラウドバンクHPより

 

クラウドバンクの口座に入金するときと出金するときは日本円でないといけません。

 

システム上仕方ないかも知れませんが、米ドルのままでも入出金できるとかなり良いのではないでしょうか?

 

入出金時に日本円でないといけないとしたら、入出金したいときに円安だと結局損をしてしまうので、思うように入出金できなくなるリスクがあります。

 

なので、米ドルのままでも入出金できたら、レートは気にしなくて済むので入出金も自由になります。

 

また、米ドルのまま入出金できたら、例えば米国株や米国ETFへの投資を行っている人が得た配当金などの利益をそのままクラウドバンクのファンドに米ドルのまま投資できたりする訳です。

 

大変使い勝手が良くなると思います。

 

米ドルで入出金できるようになれば、投資家にとってかなりのメリットになると思います。

 

 

最後に

為替リスクがある以上、通貨を選択できるサービスの登場は必然的な流れなのかも知れません。

 

そのうちビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)でも取引できるようになるのかも知れません。

 

 

 

 最後に、過去のソーシャルレンディングに関する記事です。

 

 

www.shisantamezo.com