資産ためぞうの投資ブログ(低資金からはじめる投資)

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。

2銘柄新規保有しました(電算システム・オリックス)2018.12

Sponsored Link

 ※投資は自己責任でお願いします。

2銘柄新規保有

 

皆さんどうも、資産ためぞうです。

 

今回は、新たに2銘柄を保有したので記録に残します。

 

f:id:sisanunyoutamezo:20181212030534p:plain

電算システムオリックスです。それぞれ取り上げていきます。

 

電算システム(3630)

 

四季報を読んでずっと気になっていた銘柄です。指値注文に引っかかり約定しました。ずっと上昇していたので無理かなと思っていました。約定した時はまさかと思いました。

 

厳密には二日前に約定しました。しかし、昨日はソフトバンクのIPO当選の記事を書いたので、今回に記録を遅らせた次第です。

 

この銘柄に関しては、以前に「気になる銘柄リスト」という記事でも紹介させていただきました。

 

www.shisantamezo.com

 

注目すべきリカバリー

 

上記の「気になる銘柄リスト」の記事の中で挙げた以外の点で魅力的だったのは、この前のチャートの動きです。 

 

f:id:sisanunyoutamezo:20181212020803p:plain

 

過去3ヶ月のチャートを見ると分かる通り、10月末の急落後、勢い良く買いが入りあっという間に株価を戻しています。

 

10月末の急落は、米国発の相場全体の調整の影響でしたので、電算システムの個別の業績などは関係ありません。

 

個人なのか機関なのか分かりませんが、これは根強いホルダーがいるんだなと思いました。業績も右肩上がりで、財務健全性もそこそこありそうでしたので、この銘柄なら保有しても大丈夫かなと考えたのです。

 

気になるリスク

 

まず、現在でPER22と、やや割高であることです。もちろん、業績が順調に右肩上がりなので、このくらいのPERでも本来は妥当です。しかし、今後もし景気が悪くなり、有望な銘柄でもPERが10くらいまで下げる様な相場になったとしたら、電算システムの株価も半分以下になってしまいます。

 

ですので、一応2,220円のところで損切り設定をしました。この前の応用技術の様に間違えて成行売りしないように、きちんと逆指値で設定したので大丈夫だと思います(笑)

あとは、自己資本率が27.5%と、30%を地味に下回っているところでしょうか。有利子負債もそれなりにありますが、キャッシュフローの現金等の額の方が多いので現状では問題なさそうです。

 

配当利回りは1%台です。一応毎年一株あたり1円ずつ連続増配中ですが、高配当とは言えません。リスクというか、残念な点です。まあグロース株だと思うので、キャピタルゲイン目的で保有すべき銘柄だと言えそうです。

 

 

オリックス(8591)

昨日、オリックスもまさかの約定を果たしてしまいました。最近の相場の下げ具合いが怖いですね。

 

このままもっと下げてしまいそうです。

 

 

オリックスは、それこそ株式投資を本格的に始めた昨年末からずっと動向を追っていた銘柄です。

 

ここ2、3ヶ月くらいで個人的に大規模な損切りを敢行し、現金が増えてきました。新たに安定した銘柄を保有したいと思いずっと指値注文を入れていました。

 

 

オリックスの魅力

 

  • 業績が右肩上がり
  • 財務安定のキャッシュリッチ企業。日本の企業ではほとんどない、営業キャッシュフローマージン20%を達成している。
  • リーマンショック時(100年に一度の金融危機)でも赤字にならなかった金融企業
  • 高配当かつ連続増配企業。優待も魅力的(保有していて楽しそう)
  • PER7%、PBR0.7倍、ROE12%
  • 小学生の時オリックスブルーウェーブで活躍するイチローが好きだった。

 

以上のことから、オリックスは長期保有に向いていると考えています。

 

リスク

 

  • 安定しているとはいえ、一応金融株。リーマン時は現在の株価の10分の1まで下がっていた。

f:id:sisanunyoutamezo:20181212031152p:plain


保有株が10分の1の株価になったら相当ショックです。ライザップの3分の1くらいでもショックでしたからね。今でこそ、そのとき買い増していたら後に大きなリターンを生むということが分かります。

 

しかし、如何せん当時は100年に一度の金融危機の中なので、10分の1に下がった金融株を買い増すなんて言うのは無謀な行為でしかなく、私が当時株式投資をしていても買い増す事ができなかったことでしょう。

 

ただ、リーマン時にもオリックスは赤字にならなかったので、今度また金融危機が訪れても、株価が10分の1になるような事はもうないと思います。

 

100年一度のリーマンショックを上回る恐慌が発生すれば別です。でもその時はオリックスに限らずほぼ全ての銘柄に危機が訪れます(笑)

 

f:id:sisanunyoutamezo:20181212031918j:plain

さいごに

 

指値にあっさり引っかかってしまうと、もっと下で設定するべきだったかなと思ってしまいます。

 

 

あるいは、最近の不安定な相場は、下降トレンドの始まりの可能性もあります。そうすると、今回の保有は早まった判断となりそうです。

 

しかし、それは誰にも分かりませんし、ある程度ポジションも取っておかないと、もし今後上昇相場に転じた時、恩恵を受けられなくなってしまいます。

 

 

あと、関係ないですがアイティメディアはそろそろ含み損がひどくなってきたので損切りするかもしれません。

 

 

 関連記事です。

www.shisantamezo.com