資産ためぞうの投資ブログ(低資金からはじめる投資)

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。

貧乏メンタルを克服しない限り、億り人は無理か

Sponsored Link

 

皆さんどうも、資産ためぞうです。

 

今回は、今の自分の投資に関する心境を書きたいと思います。赤裸々なためぞうポエム始まります…。

 

 

貧乏メンタルで多額の資金を運用できるのか

 

私は生まれてこの方貧乏というか、大きな資金を動かしたことがありません。

 

現在資産が総額で250万円くらいだと思います。これでも自分史上最高資産額なのです。

 

それまでは、宵越しの金は持たない江戸っ子気質、悪く言えば何も将来を考えていないただのアホでした。今もアホですが。

 

株式資産の変動に耐性がない

 

今までの株式投資生活で、一日のうちもっとも保有株の変動した額は、プラスマイナス4万円くらいです。

 

資産1千万円以上の方にとっては、プラスマイナス4万円くらいは微々たるものだと思います。

 

しかし、私は保有株式が4万円くらいでも変動すると、正直かなり動揺してしまいます。

 

私の給料で考えれば、4万円というと日給換算すると5、6日分くらいの労働分になります。何もしてないのに、5、6日分の労働が水の泡になったような感じがして、いささかショックを受けます。

 

しかし、数千万円以上の資産を持つ株式投資家ブロガーの方々は、毎日今日はプラス200万円でしたとか、マイナス100万円でした等という報告をされています。

 

自分がその身だったら、正直精神的に平常を保つことができないのではないかと思います。

 

 

今まで、そういった投資家ブロガーの方々の報告を見ていて、まあ別次元の報告をみている気がしていたんです。

 

でも、よくよく考えると、私の目標は10年で1億円です。

 

そして、1億円近くの運用資産に近づいたら、仮に株式のポジションが30%くらいだとしても、3000万円です。3000万円のうち、1日で5%下落した日があったら、150万円の下落になります。

 

ということは、目標に近づくにつれ、自分も毎日100万円単位レベルでの資産の変動に耐えられるメンタルを養わなければならないということです。

 

でも現状としては、4万円くらいでも動揺してしまいます。

 

4万円あったら、ゲーム機とか安いスマホとかも買えますし、あるいは1ヶ月分の食費、あるいは家賃を支払うことができます。

 

 

要するに、4万円で動揺しているのに、これから資産がもし増えていったら、自分はその変動に耐えられるのかという問題に気づきました。

 

1年以上株式投資をして、今更気づきました。遅すぎじゃね?

 

貧乏 メンタル 億り人 克服

対策

 

ゼロを増やせ!

 

本かネットか忘れました。以前お金持ちになるマインドを養う方法として、日常生活の金額にゼロをプラスして見ろ、というのを読んだことがあります。

 

ゼロは4つくらいでしょうか。

 

例えば、コンビニのオニギリが120円だったら、ゼロを増やして1,200,000円、ユニクロの3,000円の服は、30,000,000円、みたいな感じです。

 

これを読んだ時、すぐ実践しようとしたものの、なかなか定着させる前に忘れたりしてしまってそのままでした。

 

面倒ですしね。ハタから見たらアホみたいですし。コンビニで「オニギリ120万円か…。」とかつぶやいてる人がいたら、やべー奴だと思っちゃいますよね。

 

まあでも、自分の株式資産の変動への耐性の無さを考えると、マジでこういう習慣を付けといたほうがいい気がしてきました。

 

 

最終的には慣れか

 

あとは、最終的には慣れなのではないかと思います。

 

普段の仕事などで、大きいお金を動かしている人は、耐性があるのかも知れません。私はそういう感じでもないので、株式投資などで少しずつ慣れるしかないのかも知れません。

 

今そうやって毎日100万円以上資産が変動している投資家の方々も、大富豪の家庭で育ったわけでもない限り、最初から耐性があったわけではないはずですので…。

 

あとはイメージトレーニングです。実際に一億円あったらどう運用するかとか、どう生活するかとか妄想するのも大事かもしれません。

 

www.shisantamezo.com