低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」の比較

Sponsored Link

 

 

「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」の比較

 

こんにちは、低収入投資家のしさんためぞうです。

 

今回は同時に保有して約1ヶ月が経った「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」(以下通称「楽天VT」)と「楽天・全米株式インデックス・ファンド(以下通称楽天VTI)」の比較を行います。

 

「VT」が全世界株式で、「VTI」が全米株式です。

 

同じインデックスの有名なETFから名前が取られています。

 

 

 

それぞれの特徴

 

「楽天VTI(全米株式)」

 

「楽天VTI(全米株式)」がインデックスしているのは、「CRSP USトータルマーケット・インデックス」という株価指数です。

 

「CRSP USトータルマーケット・インデックス」は、米国株式市場に上場する大・中・小型株式、約4,000銘柄から構成されます。米国株式時価総額の約100%をカバーしています。

 

つまり、「楽天VTI(全米株式)」に投資するということは、米国市場全体に投資するという事と言っても過言ではありません。

 

 

「楽天VT(全世界株式)」

 

「楽天VT(全世界株式)」がインデックスしているのは、「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」という株価指数です。

 

「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」は、全世界(先進国・新興国)の株式市場への投資を目的とした株価指数であり、大型・中型株・小型株全てインデックス内に含み、全世界の株式時価総額の約98%をカバーします。

 

つまり、「楽天VT(全世界株式)」に投資するということは、全世界の大中小型株式約7,500銘柄に分散投資する事になります。

 

 

「楽天VTI(全米株式)」と「楽天VT(全世界株式)」は低コストでインデックスも優れているため、どちらも人気のある商品です。

 

パフォーマンスの比較

 

f:id:sisanunyoutamezo:20180629053823p:plain

 

今月のはじめに同時保有した8本の投資信託の昨日までのパフォーマンスです。

 

「損益(%)」という欄がトータルリターンであり、上からトータルリターンのパフォーマンス順に並んでいます。

 

ご覧のとおり「楽天VTI(全米株式)」は2位の−0.75%であるのに対し、「楽天VT(全世界株式)」は同着最下位の−2.21%となっています。

 

 

まとめ

 

「楽天VT(全世界株式)」は世界中の株式指数を組み入れているため、「楽天VTI(全米株式)」よりも安定したパフォーマンスを見せるのではないかと思わせます。

 

しかし、現在の資本主義はアメリカを中心に回っているため、しばしば世界全体よりもアメリカだけに投資していた方がリターンが良いことがあります。

 

今回は保有して1ヶ月だけの比較ですが、その特徴が早速現れた結果となってしまいました。

 

 

 関連記事です。

www.shisantamezo.com

www.shisantamezo.com