低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

楽天(4755)はトレンド転換か

Sponsored Link

 

楽天がトレンド転換気味

 

f:id:sisanunyoutamezo:20180712052305p:plain

 

楽天(4755)がここのところ反発気味です。

 

6月後半に600円代に突入するかと思われましたが、700円ピッタリで下げ止まりました。

 

7月に入ってからは上昇し始め、7月11日の終値では792円にまで回復しています。

 

 

今後の楽天の株価の予想パターン

 

1. 再び下げだす

 

これで上がりだすと思わせておき、600円台に突入かも知れません。楽天の株主にとっては、ここ1年くらいそういうことの連続なので驚きはしなさそうです。そうなって驚くのは新規参入者だけだと思います。

 

楽天だけに限らず、米中の貿易戦争などの外的な懸念材料もあります。

 

もし下がりだしたら600円の節目か、500円の大きな節目では流石に一度下げ止まるはずです。

 

 

2. 700円台の周辺でボックス圏に突入

 

下げ止まるものの、上がりもせずに700円台の辺りをしばらく彷徨う可能性もります。

 

もう不安要素は株価に織り込み済みで下がらないが、特に買い材料もないのでこの辺りの株価をうろつく、という展開です。有り得る話です。

 

 

3. このまま上がり続け株価回復

 

このまましばらくの間上昇トレンドが続くパターンです。

 

現在含み損を抱えているため、このパターンにもっとも期待しています。

 

f:id:sisanunyoutamezo:20180712050211p:plain

 

平均約定単価979円で200株保有しています。

 

現在の株価は792円なので含み損解消までまだまだ遠いです。

 

 

上げ方のパターン

 

上がり方も様々で、ゆっくりジワジワ上げる場合一気に上がる場合もあります。

 

本当は焦らず徐々に上がっていったほうが良いようです。今まで見てきた経験では、一気に上がってしまうと近いうちにすぐ一気に下がりだします。

 

短期投資家の売買は早いです。徐々に上がって「いつの間にかこんなに上がってたの!?」と思わせるような株価の動きのほうが安定感があります。

 

 

まとめ

 

楽天が直近の2週間くらいは下げ止まっています。

 

これで上昇すると思いポジションを取った投資家を犠牲にして、再び下がりだす可能性もあります。

 

f:id:sisanunyoutamezo:20180712051817p:plain

株探より引用 楽天の月足の推移

 

 

しかし、去年の8月頃から続いた月足での下げは今年の6月でようやく終わりました。それは株主にとってプラスのニュースであることは間違いないです。 

 

 

 

www.shisantamezo.com 

www.shisantamezo.com