低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

投資家の語源とは

Sponsored Link

 

投資「家」とは

 

最近ふと「投資家」という言葉が気になり出しました。

 

職業や何をしている人なのかを表す言葉はいくつかあります。

 

会社員の「員」、スポーツ選手の「選手」、店長や社長の「長」などです。

 

投資家は「家」です。

 

よくよく考えると、「家」が付くのは少し不思議です。

 

なぜなら、同じ「家」の付く職業は作家、音楽家、漫画家、小説家、芸術家、作曲家など、アーティスティックな職業がほとんどです。

 

投資家と似ているところでは、起業家実業家もいます。経営者は「者」です。

 

 

投資家はクリエイティブだった

 

投資家の語源を調べても分かりませんでした。しかし、同じ「家」の付く職業の共通点から推測するに、1つの答えが導き出せます。

 

全てクリエイティブな職業だということです。

 

作家、音楽家、芸術家、起業家、実業家、全て無から何かを作る職業です。

 

投資家の意味も、自らの資産を投資することにより、社会に新たなものを生み出す事をサポートをする人

 

簡単に言うと、

新たな事業や企業を育てる人

 

ということでしょう。もちろん、うすうす感じてはいたけれど、改めて言葉で表すと心にきます。

 

f:id:sisanunyoutamezo:20180720003511j:plain

「家」の意味は重かった

 

そうすると、「家」の背負っている意味は重いです。

 

一体今の投資家の中で、本来の投資「家」の意味をまっとうしている投資家はどれだけいるのでしょうか?

 

ただお金を増やしたいだけの欲にまみれた「投機人」がほとんどです。

 

かくいう私も投機人です。自分の資産を増やすことを第一優先で動いています。

 

投資先には結果として貢献していると言えますが…。

 

 

日本語に学ぶことがある

 

今回の投資「家」のように、日本語の語源を辿ると勉強になることがたまにあります。

 

一体誰がどの時代に、投資に「家」を付けたのでしょうか?

 

現代の欲に目がくらんだ自称「投資家」であるただの「投機人」たちは、投資に「家」を付けた先人に合わす顔がないことは確かです。

 

確かですが、私はこれからも懲りずに今の投資を続けていきます…。