低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

情報商材被害が急増

Sponsored Link

 

情報商材の被害が急増

 

最近情報商材の被害が急増しているようです。

 

「情報商材」とは、主にインターネットで、投資やギャンブル、動画配信などで高額収入を得るためのノウハウと称して販売されている情報です。情報商材の購入をきっかけに、高額のコンサルティングやビジネスセミナーなどに契約させられることもあります。

 

私も情報商材がターゲットにしているジャンルとは無縁ではないので、気をつけたいと思います。

 

同時にあまりに詳しくなく「情報商材とは何だ」という方は、ぜひ気をつけていただきたいので記事にしたいと思います。

 

 

こちらは8/9の東京新聞の記事です。

 

「必ず稼げる」ネットで販売 「情報商材」被害が急増

 

簡単に稼げる独自のノウハウと称して、インターネット上で販売される「情報商材」のトラブルが急増している。動画や写真投稿による広告収入、仮想通貨の運用、外国為替証拠金取引(FX)の自動売買など、勧誘の手口は幅広い。 

(中略)

 東海地方の七十代の男性は定年退職後の二〇一六年、インターネット上で、ホームページを作成すれば広告収入が稼げるとうたった宣伝に引かれ、ホームページを自動作成するツールを百九十万円で購入した。しかし、送られてきたのはマニュアルだけ。結局、自分では作成できず、一円も稼げなかった。

 「老後資金の足しにと軽い気持ちだった」と男性。その後も、仮想通貨の運用や転売ビジネスなどで利益を上げられるとうたう情報商材を複数回にわたり購入。総額は一千万円を超えた。今年六月に消費生活センターに相談。クレジットカードの分割払いを繰り返して返済ができなくなっており、いまは自己破産の手続きをしている。

 男性は「月々の返済に迫られ、次は稼げるかもしれないと深みにはまってしまった。経験もないのに、インターネットで簡単に稼げることはない」と話す。

 国民生活センターによると、情報商材に関する相談は〇六年ごろから寄せられるようになり、年々増加。年齢層は十代から六十代以上と幅広く、相談件数は一六年度は約三千件、一七年度は約六千五百件と急増している。

 被害に遭った場合は、業者とのやりとりのメールや動画などが証拠となるため、保存することが大切だ。消費者問題に詳しい平野憲子弁護士は「被害が少額でも業者らと交渉し、返金される可能性がある。泣き寝入りせず、まずは消費生活センターや弁護士に相談してほしい」と呼び掛ける。

 情報商材110番は、愛知県弁護士会とサクラサイト被害弁護団愛知が初めて実施。九月十三日午前十時~午後四時まで、無料で相談を受ける。当日のみ=電052(232)5610   

◆「FXで月20万」PR 「特別コース」へ誘導
 事例<1>

 埼玉県の二十代の女性はインターネットで「在宅で稼げる」との求人広告を見つけ、問い合わせたところ「パソコンがあればいつでもどこでも仕事ができ、月二十万円を稼げる」と説明され、五十万円で業者と契約を結んだ。ネットでブランド品を調べたり、出品したりする仕事だったが、利益が出ず、返金もない。

 事例<2>

 大阪府の三十代の男性は「FXで月二十万~三十万円稼げる」というネット上の宣伝を見て、四十万円を支払って業者とコンサルティング委託契約を結んだ。さらに利益率の高い「特進コース」も百十万円で契約。その後、ノウハウをまとめた教材や動画が送られてきたが、内容は一般的なもので価値を見いだせない。

 事例<3>

 東京都の三十代の男性は、「アプリに入金すると仮想通貨が自動運用され、資金が半年で三十倍になる」とのメールが送られ、約十万円をクレジットカードで入金。その直後も「五十万円コースに参加する権利を得た」「先着十人」というメールが届き、さらに五十万円を入金。アプリは届かず、電話もつながらない。

 (国民生活センターに寄せられた相談内容を抜粋) 

東京新聞:「必ず稼げる」ネットで販売 「情報商材」被害が急増:暮らし(TOKYO Web)より引用

 

情報商材に騙されてしまう理由

 

お金を稼ぐということは、どんな分野でも簡単なことではありません。

 

たとえば、「このマニュアル動画を見れば誰でも簡単にプロ野球選手になれる」、あるいは「プロ棋士になれる」という情報商材があったら、皆さんは信じますでしょうか。

 

多くの人は信じないと思います。

 

しかし、「このマニュアルや動画を見れば、株やFX、あるいは広告収入で誰でも簡単に稼げます。」という情報商材があったら、ちょっと気になってしまうという方もいると思います。

 

何故なら、プロ野球選手やプロ棋士といった馴染みのあるものはよく知っていますが、投資や広告収入といったものはまだ世間的に馴染みが薄くよく分からない人が多いからです。

 

情報商材屋は、そういう世間的に馴染みが薄く、よく分からないけどなんとなく儲かりそうなものをターゲットにしているのです。

 

投資や広告収入だって、それだけ食べていけるのはプロ野球選手やプロ棋士並みに一握りです。

 

それを初心者がマニュアルや動画を読んだだけで誰でも簡単に月何十万も稼げるなんていう話は、実際にやっている人たちからしたら笑い話でしかありません。

 

まずはそのことを覚えておいて頂きたいです。

 

f:id:sisanunyoutamezo:20180810100207j:plain

情報商材に騙されないために

 

情報商材に騙されないためには、まず世の中に簡単なお金儲けはないという事を念頭に置くべきです。

 

情報商材のターゲットは投資や広告収入などです。これらはまだやったことのない未知の世界の人が世の中には多いです。

 

 

しかし前述した通り、実際にやっている人からすれば、決して楽ではないことが分かります。

 

もともとそういう事をやるのが好きでないと、続けることはできないと思います。

 

 

なので、もし気になる分野の儲け話があったら、いきなり情報商材にお金をかけようとしないで、無料や本などの情報だけで出来るところまでやってみたほうが良いでしょう。

 

だいたい、情報商材や高額なセミナーの内容は、インターネット上の情報や普通に本屋で販売している本の情報となんら変わらないそうです。

 

ネットや本の情報で挑戦していくうちに、初心者がいきなり月に何十万もいきなり稼げる方法はないということがわかると思いますし、その分野が自分に向いているかどうかも分かります。

 

 

 

 

さいごに

 

今回は少しおせっかいな記事だったかもしれません。

しかし、情報商材のようなくだらないもので貴重な資産を減らしている場合ではないのです。

 

騙すほうが悪いのは当然ですが、騙される人がいなくなれば情報商材はなくなります。

 

 少しでもこういった悪質な被害が減ることを願います。

 

 

人はどうしても簡単な答えを求めてしまいがちです。まとまったお金を出せば簡単に答えを得られのではないかと期待してしまうのかもしれません。

 

しかし、世の中はそんなにシンプルではありません。

 

どうせ簡単ではないのだから、少しでもその過程を楽しめるような、なるべく興味のあるジャンルに挑戦するのが良いと思います。