低資金からはじめる投資

年収下級戦士のアラサー派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。現在個別株メインでソーシャルレンディング、IPO投資、投資信託などに挑戦中。最終的には不労所得でセミリタイアを目指しています。現在運用資産250万円程度です。

クラウドバンクに20万円投資すると毎月いくら増えるのか(2018年1月)

Sponsored Link

 

 

皆さんこんにちは、資産ためぞうです。

 

今回は毎月恒例のクラウドバンクの分配金記録です。

 

クラウドバンクに興味を持っている方の参考になれば幸いです。

 

クラウドバンクの分配金記録

 

現在は20万円を、2018年の5月頃から徐々に投資しています。最初は3万円だけでした。少しずつ増やしていき、現在は20万円で落ち着いています。

 

クラウドバンク 分配金 情報

クラウドバンク2019年1月の投資記録

今月は税引前で1,091円、税引き後で892円でした。利回りは6.9%でした。ちなみに先月は税引き後898円でした。

 

なぜ先月より分配金が減ったのか

 

分配金がなぜ先月よりわずかに低くなったのかというと、先月に償還されるファンドが多かったからです。投資していた資金が口座に現金になって戻ると、それをまた投資に回すまで数週間運用されない現金が発生します。

 

その間に投資に回せない現金のだけ分配金も少なくなります。

 

長期的には徐々に分配金は増えていくはずです。

 

理由は、分配金も再投資に回しているからです。分配金の額だけ毎月少しずつ全体の資金が増えているので、クラウドバンクが問題を起こしたり、利回りを低くしない限り、少しずつ投資額も増えていき、分配金も増えていくはずです。

 

 

参考程度に、こちらは昨年の投資情報です。

2018年 クラウドバンク 分配金記録

2018年のクラウドバンクへの投資情報

 

20万円で投資するようになってから、だいたい毎月1,000円弱の分配金が入金されています。

 

このまま順調にいくと、2019年の1年間で、合計10,000円程度の分配金が入金されるはずです。

 

 

現在の投資状況

カテゴリ

太陽光の占める割合が多いです。なるべく太陽光を少なくして、バランスを整えたいところですが、太陽光案件の募集が多いのでなかなか上手く行きません。

太陽光以外の案件が募集されるのを待っていると、それだけ投資に回せない期間ができてしまうからです。

 

期間

意識的に短期間のファンドを増やしています。なんだかんだで資金が必要になった時、なるべく短い期間で償還されたほうが良いからです。

 

短期ファンドはすぐに償還されてしまうので、それを再投資するまでの間のロスができてしまうのは欠点です。

 

 

f:id:sisanunyoutamezo:20190111130342j:plain



 

投資を検討される際はリスクを考慮すべき

 

銀行に20万円を1年間貯金していても、全然増えません。しかし、クラウドバンクに1年間投資をしていると、10,000円程度の現金が増える計算です。

 

普通に考えれば、やった方が良いはずです。しかし、リターンがあるところにはリスクが有ることを承知してください。

 

クラウドバンクを始めとするソーシャルレンディングは、今までに不祥事による遅延や期失、投資したお金が戻ってこないという事例もよくありました。

 

私も昨年グリーンインフラレンディングという業者に投資した5万円が戻ってこないという事態に陥っています。

 

 

対策としては、なるべく安心できる業者を選ぶこと(例えばあまりに高利回りな業者は怪しいとか)、資金を分散させて投資することです。

 

分散させて投資とは、ソーシャルレンディングの業者を分散させるというより、資金全体のポートフォリオを分散させるという意味です。

 

 

例えば100万円の資金を持っていたら、100万円すべてをソーシャルレンディングに投資するのではなく、現金50万円、投資信託20万円、債券10万円、株式10万円、ソーシャルレンディング10万円というようにです。

 

通常資産運用をしようと思ったら、ソーシャルレンディングは株式や債券や投資信託よりも後回しにされますが、私の場合はなんとなく面白そうだったので運用しています。

 

 

最後に、関連記事のリンクです。

www.shisantamezo.com