資産ためぞうの投資ブログ(低資金からはじめる投資)

年収下級戦士の30代前半派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。

【電力自由化】楽天でんきに乗り換えて判明したこと

Sponsored Link

 

皆さんこんにちは、資産ためぞうです。

 

以前このブログで「楽天電気」に申込んだことを報告しました。

 

www.shisantamezo.com

 

上記の記事で紹介した通り、「楽天でんき」のホームページで簡単に申し込むことができます。

 

さて、その後どうなったのか、今回は続編です。

 

 

東京電力から連絡がくる

 

申し込んだ数日後に、ショートメッセージで東京電力から連絡が来ました。

 

東京電力 ご案内 メッセージ

東京電力からのご案内メール内容

 

スマートメーターとは?

 

案内の内容は、電気メーターを交換するという旨のものでした。

 

なぜ電気メーターを交換するのか?

 

今回の「楽天でんき」へ導入できるようになったきっかけは、「電力自由化」のおかげです。

 

電力事業の規制緩和により、多くの企業が電力市場に参入可能となり、市場競争が生まれています。

 

しかし、この電力自由化により他社へ乗換えるには、電気メーターが「スマートメーター」と呼ばれる新しいメーターでないとダメなのです。

 

私は自分の家の電気メーターがスマートメーターなのかどうなのか分かりませんでした。安アパートなのでなんとなく旧式なんだろうとは思っていました。

 

案の定東京電力からのご案内の内容は、電気メーターに関するものだったのです。

 

とりあえず、委託工事会社からの連絡を待つことになりました。

 

どうなるのでしょう、マジで恋する五秒前くらいドキドキしながら、デビュー当時の広末涼子並に純粋な気持ちで、数日待ちました。

 

委託工事会社から連絡が来る

 

数日たったある日、突如として委託会社のスタッフから電話がかかってきました。

 

もし、メーター交換に費用がかかったりするんだったら、断ろうと思っていました。あるいはそれ以前に、「お宅のアパートは対応していない」とか「アパートで1部屋だけ交換はできない」等と言われる可能性もまだ捨てきれませんでした。

 

しかし、そのスタッフの話では、

 

  • 交換費用はかからない。
  • 工事に立会いも必要ない。

 

というものだったので、あっさり交換してもらうことになりました。アパートの中で自分の部屋だけ交換もできるんですね。

 

どうやら、東京電力を一人で動かした男になってしまったようです。(そういう言い方するとすごい奴みたい)

 

メーター交換の関連銘柄は?

 

東京電力の委託工事会社が付け替えたという事は、工事費用は東京電力が負担したのでしょうか?

 

いったいどこが負担したのかは調べてないので不明ですが、いずれにせよ電力自由化の並でメーターの付け替えが増えているはずです。それらに関連する銘柄があったらチャンスかも知れません。

と思ったのですが、どの銘柄がそれに該当するのかわからないし、電力自由化は有名で、始まってからしばらく経つので、すでに株価に織り込まれていそうだと思い、諦めました(笑)

 

スマートメーター交換完了

 

そして、予定の日にはすでに新しい電気メーター、いわゆる「スマートメーター」に変わっていたのです。

 

ちなみにメーターの外見上の違いは、旧式はアナログ、スマートメーターはデジタルで表示されている、そのくらいです。

 

1月10日から切り替わった!

 

電気メーターの交換は先月の話です。

 

あれから1ヶ月ほど経過し、ついに「楽天でんき」に切り替わりました。

 

 

楽天でんき 開始 連絡 メール

楽天でんきからのメール内容

 

 

 

楽天でんきのサイトで電気使用量が確認できる

 

樂天でんきに切り替えて、すごいと思ったのは、サイトで電気使用量が確認できることです。

 

しかも、時間別、日別、月別ごとに見ることができ、過去の使用量と比較できます。

樂天でんき 電気使用量 確認 サイト 日別

日別使用量

樂天でんき 電気使用量 確認 サイト 時間別 比較

時間別の使用量

棒グラフが当日で、折れ線グラフが前日です。

 

前日や前月との比較があるので、電力が無駄に使われていないかをチェックすることができます。

 

そんなにしょっちゅう見ても仕方ないですが、なるべく小まめにチェックすることにより、節電できそうです。

 

時間毎にほぼリアルタイムで確認できるのはすごいですね。スマートメーターの実力が判明しました。

 

電力自由化の波に乗ろう

というような感じで、無事に楽天でんきに乗換えることができました。蓋を開けてみれば簡単でした。スマホの乗り換えより楽でした。

 

とはいえ、賃貸だと管理会社の関係で乗換えることができない場合もあるそうです。

 

同じはてなブログでじゅん@投資家志望の投資日記を運営されているじゅんさんが教えてくださいました。

 

 

 

楽天でんきで楽天ユーザーにメリットがあるのか

 

現在(2019年1月18日現在)行っている、楽天電気のサービスです。

 

楽天でんき サービス

 

ポイントの特典としては、 

  • 楽天でんきに申込むと2000ポイント
  • 電気代200円毎に1ポイント(期間限定ポイントなのかどうか調査中)
  • 楽天カード払いで100円1ポイント

 の3つがあります。

 

新規申し込みキャンペーン2000ポイントと、200円毎に合計3ポイントの付与というのが特徴です。

 

楽天ユーザーは一考の価値がありそうです。

 

※地域によって電気代が違うので、申し込み前に楽天でんきのサイトで電気料金がいくらになるかのシュミレーションをすることをオススメします。 

 

 

ちなみに、「楽天でんき」は楽天カード払いしかできないので、楽天カード保有者しか申し込めません! 

 

さいごに

株式投資を初めてわかったことの1つが、資産を増やそうと思ったら、まずは増やすよりも支出を減らすほうが簡単だということです。

 

今回の電気事業者の乗り換えのように、無理のない範囲で削れる部分は削って行くことが重要です。投資はいくら頑張っても確実に増やせる訳ではありませんが、節約は行動すれば確実に出費を減らすことができます。

 

 

節約関連記事のリンクです。

www.shisantamezo.com