資産ためぞうの投資ブログ(低資金からはじめる投資)

年収下級戦士の30代前半派遣社員が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。

【IPO】みずほ証券で(7064)ハウテレビジョンに申し込みました

Sponsored Link

 

 資産ためぞう(@sstamezo)です。今回はIPO投資の話です。

 

【IPO】みずほ証券で(7064)ハウテレビジョンに申し込みました

【IPO】みずほ証券で(7064)ハウテレビジョンに申し込みました


 

 

タイトルの通り、みずほ証券で(7064)ハウテレビジョンのIPOブックビルディングに申し込みました。

 

100株だけです。

 

【IPO】みずほ証券で(7064)ハウテレビジョンに申し込みました

 

みずほ証券は、よくIPOの主幹事になる証券会社の一つです。(あとは野村證券や大和証券、SMBC日興証券など)

 

主幹事となると、IPOの割当数が多く、それだけ当選確率が増えます。以前はマネックス証券に資金を置いてIPO抽選をしていましたが、しばらくみずほ証券で試してみようと思います。

 

各証券会社の割当数

各証券会社の割当数

https://ipokabu.net/ipo/7064「庶民のIPO」様のサイトより引用

 

 

ネットで申し込むので、ネット抽選分がどれだけ多いかが大事です。

 

主幹事であるみずほ証券はネットには10分の1しか出しませんが、それでも33500株分あります。100株単位なので、335枚です。

 

よく申し込むSBI証券は4400株で44枚です。マネックス証券は3100株で31枚です。マネックス証券は完全平等抽選を謳っているものの、もともとの割当数自体が少ないです。

 

なんだかんだでみずほ証券など主幹事によくなる証券会社の、主幹事になったときのIPOを狙ったほうが良いのではないかという考えです。

 

とはいえ確率は低いだろう

 

とはいえ、確率は低いでしょう。富裕層たちは、IPOの申込みに何百万、下手したら何千万とかけて来ている可能性があります。

 

1万株申し込むとか、普通にあると思います。そのくらい申し込んで、100株や200株が辛うじて当たる世界です。

 

対して私の場合は、100株のみの申し込みです。ある意味では、宝くじ一口だけで一等を狙うようなものです。しかし、現在の資金的に、これが限界です。

 

この状況を戦国時代に例えるなら、1万の鉄砲隊の軍勢に、100人の足軽が挑むようなものです。

 

しかし、マネックス証券からみずほ証券に移籍し、初のIPOということで、根拠のない期待感があります。

 

クリスマスの夜にサンタさんからのプレゼントを期待し、靴下を枕もとにかけて眠りにつく子どものように、無邪気でピュアな期待感があります。

 

対して、きっと一万株も平気で申し込むような投資家たちは、幽遊白書の戸愚呂編に出てきた、垂金権造の様な人物に違いありません。(偏見)

 

 

 

 

最後に関連記事のリンクとして、先月のIPOの投資記録です。ちなみにもちろんすべてハズレています。 

www.shisantamezo.com