資産ためぞうの投資ブログ(低資金からはじめる投資)

低収入の30代前半非正規が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。

またやってしまいました…。トレード記録と反省点(2019年8月26日)

Sponsored Link

 

みなさんごきげんよう、資産ためぞう(@sstamezo)です。

 

本日も仕事は休みでした。働き方改革のおかげだと思いますが、今月はお盆の時期も含めてすでに結構働いたので、調整で最近仕事に余裕があります。本当は投資の種銭を増やすためにもう少し働いたって良いくらいなのですが。

 

仕事が休みなので、今日もデイトレとかいろいろやってしまいました…。

 

もうデイトレはやらないようにと、米国ETFに資金を移したばかりなのに、やってしまいました。

 

※↓やらないと書いた関連記事です。

www.shisantamezo.com

 

完全にトレード依存症っぽいです。調べたらトレードしたくなってしまいます。

 

現物取引を貫いていますが、「最近信用でやろうかな」という考えも芽生えています。マジでやべえよ。破産フラグやん。

 

でも明日からまた仕事が続きますので、多分大丈夫だと思います…。多分。

 

またやってしまいました…。トレード記録(8月26日)

またやってしまいました…。トレード記録と反省点(2019年8月26日)

 

トレード記録詳細

 

今回も楽天証券で現物取引をしました。

 

詳細

詳細

 

やめるどころか、前より取引数増えてますやん…。

 

取引内容

  • enish 100株 +3,274円
  • ブシロード 100株 +1,960円
  • ブシロード(2回目) 100株 +1,460円
  • バンク・オブ・イノベーション 100株 ▲5,240円
  • USEN NEXT HLD 100株 ▲1,894円
  • KLab 200株 ▲5,896円
  • 日経レバレッジETF 6株 持ち越し

 

合計▲6,336円

 

おお、この前頑張った日雇いバイト代くらいが消えてしまったよ…。天罰や。ただ、前回より損失額が少なくなりました。

 

それは、週末にcisさんの本を読み、「損切りを早くすることを意識している。板が少しでも弱くなったと思ったら撤退する」的なことが書かれていて、それを実行したおかげかと思います。

 


一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

 

 

また、基本的に順張りということで、逆張りは考えずに上げている銘柄を選んでインしました。その結果高値づかみしまくりましたが…。

 

また、最後の日経レバETFだけ逆張りです。いきなり違うことしてすみません。しかし、これも「週末にダウなどが暴落したときの週明けの日経の連れられ下げのときは買い」という本の教えに基づいたものです。

 

 

しかし、肝心のcisさんは、

 

 

と述べていて、最近全然トレードしていないみたいですがね。

 

 

 

え?じゃあダメじゃん。(読者の心境)

 

 

反省

 

まずはトレードしてしまった事自体が一番の反省点なんですけど、いろいろ勉強したこともあるので記録します。

 

欲張りすぎた

9:00の寄り付きから最初のころは順調でした。

 

しかし、欲張りすぎました。そしてまずバンク・オブ・イノベーションで損失してしまい、一気に利益を飛ばしてしまいました。

 

焦ってしまった

 

そして損失を取り返そうと更に焦ってしまい、立て続けに適当にインしては損失を繰り返すという悪循環に陥ってしまいました。

 

10:30を過ぎた辺りで、これ以上やると更にヤバいなとようやく我に返り、デイトレを止めました。欲張らず最初のenishとブシロードだけでやめておけばよかったです。

 

名前で選んではいけない

 

バンク・オブ・イノベーションは、ボラティリティが高いのと名前がカッコイイのでつい突っ込んで行きたくなってしまうんですよね。

 

実は以前にも無謀に突っ込んでいって一瞬で急落してやられたことがあります。

 

cisさんも「3回同じ銘柄で負けたら、その銘柄とは相性が合わないということだと思って退く」と自伝で書いていたので、次もやられたら私も退こうと思います。

 

とりあえず「名前のカッコよさで銘柄を選んではいけない」という当たり前のことが分かりました。

 

 

気づいたこと

 

手数料が高い

 

手数料を計算したら意外と高かったです。

 

本日の合計で2,644円でした。

 

取引の合計は▲6,336円なので、半分近くが手数料ということになります。

 

SMBC日興証券は、信用取引だと手数料無料らしいので、やるんだったらそっちでやった方が良いような気もします。

 

ただ信用取引ですからね。レバレッジをかけないで買付余力の範囲の金額でやるように心がけてやれば良いわけですが、果たしてそれをちゃんと守ることができるかどうかです…。

 

現物だと同じ銘柄でトレードを続けられない

 

あと信用取引のメリットがあって、資金が少なくても同じ銘柄で繰り返し売買できるらしいです。(実際やったこと無いので「らしい」としか言えません)

 

現物だと、その日のうちに同じ銘柄で何度も取引できないという規制があります。

 

今回もブシロードで何度も取引しようとしたんですが、途中で規制が入って他の銘柄で勝負せざるを得なくなりました。

 

そうすると、他の銘柄に移ったら、そこからまたどういう値動きでここまで来たのかをチェックしなければいけません。

 

色々な銘柄に乗り換えて売買するというのは、少なくとも初心者には不利な気がします。

 

もっとも、すごい豊富な資金があれば、現物でもよほど売買を繰り返さない限りは規制は入りませんが、70万円くらいでやっていたので200株ですぐに規制が入ってしまいました。

 

 

最後に

 

ここのところ無謀にもデイトレードをして損失を続けましたが、そのおかげで少しだけデイトレードというものがどういうものなのか分かった、気がします。

 

とはいえ、神レベルトレーダーのBNFさんやcisさんといった方々でも、最初の数年は損失が続いたそうですので、デイトレを少しやったばかりのアホの私がすぐに利益を得られる訳がありません。図に乗ってはいけないのです。

 

デイトレは未開の大陸である

 

例えば、デイトレードを、ある未開の大陸に例えます。その未開の大陸の地理が完璧に分からないとデイトレで利益をあげることが出来ないとします。

 

これまでの私は、その未開の大陸は伝聞で名前を聞いたことしかなく、一切どういう大陸なのかも知りませんでした。

 

しかし、最近のデイトレを通じ、「未開の大陸に向けてボートを漕いでいき、霧の中の遠くにうっすらその大陸の端が見えた。」

 

その程度くらいは前進したような気がします。多分。

 

 

株主優待イベント投資本格始動

 

話が変わりまして、昨日くらいからデイトレは厳しいと思って株主優待イベント投資を本格的に始めるべく、優待イベント投資に向いた銘柄を探していました。

 

そしてそのうちの幾つかの銘柄を、後場で保有しました。

 

しかし、記事が長くなったので、別の記事にして投稿したいと思います。

 

 

 最後に関連記事のリンクです。

www.shisantamezo.com