資産ためぞうの投資ブログ(低資金からはじめる投資)

低収入の30代前半非正規が少額資金からの体験に基づく投資情報を発信します。

一年間の比較で分かったこと 人気投資信託パフォーマンス比較(2019年7月)

Sponsored Link

 

 

 みなさんどうも、資産ためぞう(@sstamezo)です。

 

7月の人気投資信託のパフォーマンス比較です。早いもので、現在の9本の投資信託で比較を始めてから一年が経ちました。

 

一年間の成績を確認したいと思います。

 

 

人気投資信託パフォーマンス比較(2019年7月)

人気投資信託パフォーマンス比較(2019年7月)

 

パフォーマンス比較を行なっているのは、以下の9本です。

 

 

  名称 ファンド名 商品分類
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) 三菱UFJ国際投信 バランス
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 三菱UFJ国際投信 先進国株
三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 三菱UFJ国際投信 米国株
楽天-楽天・全世界株式インデックス・ファンド 楽天投信投資顧問 世界株
楽天-楽天・全米株式インデックス・ファンド 楽天投信投資顧問 米国株
ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド ニッセイ・アセットマネジメント 先進国株
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド ニッセイ・アセットマネジメント 国内株
レオス-ひふみプラス レオス・キャピタルワークス 国内外株
フィデリティ-フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンド フィデリティ投信 国内REIT

 

どれも信託報酬の低さ等から、各分野で人気のある投資信託です。

 

この9本の投資信託を2018年7月に1000円で同時購入しました。これにより、各投資信託の目論見書などからでは分からない、実質コスト等すべて含めた実際のパフォーマンスの比較ができます。

 

パフォーマンス比較(7月1日)

 

パフォーマンス比較

 

 

パフォーマンス推移

パフォーマンス推移

 

 

 

保有してから一年が経ち、蓋を開けてみるとプラス推移しているのはJリートとS&P500と、バランスファンドでした。

 

 

バランスファンドも強いですね。おそらく債券やゴールドも含んでいて、先月上昇したからだと思います。

 

 

 

以下、考察を行なっていきます。

 

S&P500とVTIの間に少しずつ差が出始めている

 

意外なのはS&P500とVTIで1%以上の差が生じていることです。結構大きいですよね。

 

これはたまたまこの一年がS&P500にとってVTIより有利だったのか、それとも今後続いていくのか、というところが大事です。

 

楽天とeMAXISSlimの信託報酬の隠れコストの差も影響しているのかも知れません。

 

私は現在楽天証券でeMAXIS Slim米国株式(S&P500)と楽天・全米株式インデックス・ファンドを両方とも積立てています。

 

この結果をみると、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)だけに集中させたほうがリターンが望めそうです。

 

しかし、今後はVTIのターンが来るかも知れないですし、判断は難しいところですね。

 

 

Jリートは強い

 

そして、毎回同じことを言っていて恐縮ですが、Jリートが強いです。

 

半年くらい前から騒がれ、今はビットコインやG20やらで影が薄めですが、グラフのとおり安定して上昇しています。

 

Jリート上昇の理由が、都心部のオフィスの賃貸が好調だということです。

 

人口は減少傾向ですが、都心部は人口は減らないでしょう。海外からも来ますし、また今後中小企業のような会社が増えるのだとすれば、Jリートはしばらく好調が続くのかも知れません。

 

そうすると、以前私はJリートには投資しないと書きました。

 

なぜなら、好調が続くとは思えなかったからです。しかし、よくよく考えると、最近はITエンジニアなどのベンチャーも増えてそうですし、都心のオフィスの需要は今後とも続いていくのかなと思います。

 

現在、楽天証券で楽天VTIにポイント投資していた分を、Jリートファンドにするのも面白いかと思いました。

 

 

 

 

残りの投資信託は、前月と順位も変わらずのパフォーマンスです。最下位は引き続きレオスのひふみ投信です。

 

最下位を脱出する日はいつ来るのでしょうか。

 

 

 

 最後に関連記事のリンクです。

www.shisantamezo.com